遺留分が認められる人

遺留分について考えるときにまず確認しなければならないのが、遺留分が認められる人とそうでない人です。
まず遺留分とは本来遺産相続の対象になるはずだった人が相続できない状態になったときに請求できるもので、たとえば被相続人が生前に遺言書で家族以外の人間にすべての財産を相続させたいと記していた場合に適用されます。
続きを読む 遺留分が認められる人

遺留分の対象

遺産相続は必ずしも家族だけというわけではなく、何らかの事情によって家族以外の人へ相続させたいケースもあると思います。
しかし一般的には被相続人から家族へ遺産相続が行われますし、一番優先されるべき家族ではなく、ほかの人へ相続させたいというのはそれだけであまり良い関係性が築けていないことが分かります。
そこで今回覚えておいてほしいのが「遺留分」というもので、これは本来相続人になるはずだった家族が最低限遺産相続できる分で、被相続人が相続させた相手に遺留分減殺請求をすることができます。
続きを読む 遺留分の対象

遺留分と相続

遺産相続は一般的に被相続人が残した財産を家族へ相続しますが、稀に家族以外へ相続させるケースもあります。
この場合、まず被相続人が遺言書でその旨を残しておく必要があり、そこで有効なものと判断されれば家族以外でも相続人になることができます。
しかし本来相続権のある家族がいるにもかかわらずほかの人へ相続してしまうのはどうなのか、ということで遺産相続の際には遺留分と呼ばれるものがあります。
遺留分とは本来相続人になるはずだった家族が最低限財産を相続できる分であり、遺留分減殺請求を行うことによって請求できます。
続きを読む 遺留分と相続