遺留分と遺言書

遺産相続をするときに被相続人が遺言書を残すことがありますが、このときに家族以外を相続人に指定するケースがあります。
そんなときに持ち上がるのが遺留分についてで、この場合遺留分と遺言書ではどちらのほうが効力が大きいのかがポイントになるでしょう。

まずはじめに遺言書と遺留分それぞれについて説明していきますが、遺言書は被相続人が亡くなった後に相続させたい人にどれだけの財産を相続させるかを記したものです。
遺言書の書き方は一般的に3種類に分類され、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言とあります。
自筆証書遺言はもっともポピュラーな遺言書で、自由な書き方ができるところが大きな特徴です。
公正証書遺言は公正証書として残せますから、よりしっかりとした遺言を残せますし、秘密証書遺言は誰にも知られたくないときに利用できるものです。

次に遺留分とは本来相続するはずだった人が最低限もらえる財産のことで、先ほどお伝えしたように家族以外の人へ相続させる遺言を残したときなどに適用されます。
また、家族であっても本来もらえるはずの割合より多く相続させると遺言に残されていれば、それも遺留分の対象になります。

それでは効力はどちらが強いかと言うと、通常であれば遺留分が優先されます。
なぜなら遺留分とは本来もらえるはずだった財産を最低限は譲ってあげましょうという法律であり、遺言に残した段階でその効力がなくなってしまうなら、そもそも遺産相続の割合は意味を持たなくなるからです。
ただし遺留分の割合は本来もらえるはずだった割合の半分になりますから、通常の遺産相続よりは少なくなります。

例外として遺言書のほうが優先されるケースもあって、たとえば被相続人ともともと疎遠であったり生前被相続人に対して被害を与えていたりすると遺留分をもらえないことがあります。
さらに相続することが分かったり、減殺や贈与の分かった時点から1年間が遺留分の有効期限となります。