生活から生まれる遺留分

遺産相続について考えるときに必ず覚えておかなければならないのが相続の対象になる人とその割合、そして遺留分についてです。
まず遺産相続の対象になるのは一般的に被相続人の優先順位は配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番となっています。
配偶者のみの場合はすべての遺産を相続することになりますし、配偶者と子供の場合はそれぞれ2分の1ずつ、配偶者と父母祖父母の場合は配偶者が3分の2で父母祖父母が3分の1、配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者が4分の3で兄弟姉妹が4分の1になります。
ほかにも組み合わせはいくつかのパターンがありますから、まずはそちらを確認しておきましょう。

次に遺留分についてですが、これは先ほど説明した遺産相続の割合が崩れてしまった場合に請求できる分で、たとえば被相続人が子供に生前贈与として通常相続できる割合を超える財産を渡していた場合、ほかの相続人は請求することができます。
ひとつ例を挙げてみると、被相続人が生活の面倒を見てもらう代わりに土地を売ってそれを一人の子供に渡していたとします。
それを受け取った場合、生前贈与として成立してしまいますから、その金額が本来もらえる割合以上の金額であれば遺留分請求を受けたときに返還しなければなりません。

したがって生前贈与を受けるときはたとえ家族であっても均等になっているかチェックしなければなりませんし、後でトラブルになる可能性もあります。
生前贈与で引き継いだ財産をすでに使ってしまっていると負債になる可能性もありますから、万が一そういった事態になったときには家族で集まって一度話し合いをしたほうがいいでしょう。
生活の面倒を見る代わりに生前贈与を受けることをあらかじめ全員が分かっていれば回避できますし、問題をひとつでも減らしておくことが重要です。

もし生前贈与や遺留分についてよく分からないのであれば一度弁護士などの専門家に相談してからどうするか決めてもいいかもしれません。