専門家に相談

遺産相続のときに遺留分が発生しそうだけど誰に相談していいのか分からない、そんな人は意外と多いのではないでしょうか?
遺留分は相続が開始されてから、あるいは減殺・贈与があったことが分かってから1年以内に請求しなければなりませんし、知らなかったとしても10年以内が有効期限になっています。
したがって分かった段階でできるだけ早く行動したほうがいいですから、可能性があるなら相談しておいたほうがいいと思います。
続きを読む 専門家に相談

遺留分の問題

遺留分について理解するときに一番良いのは実際にあった問題について調べることで、例があればどのような場合に適用されるのか分かりやすいと思います。
そこでここではよくある遺留分の問題を紹介していきますから、遺産相続する可能性がある人は参考にしてください。
続きを読む 遺留分の問題

遺留分の計算

遺産相続のときに遺留分が発生した場合、それが分かってから1年以内に遺留分減殺請求をしなければ無効になってしまいます。
また、分からなかったとしても10年以内に遺留分減殺請求をしなければ無効になりますから、もし遺留分がある可能性が考えられるなら早めに行動しなければなりません。
そこで重要になるのが遺留分の計算で、これは一般的な遺産相続とは少し違いますから、あらかじめ調べておきましょう。
基本的にもらえる割合は相続人の人数によって変わりますが、計算自体それほど難しいものではありません。
続きを読む 遺留分の計算

遺留分の割合

遺産相続が行われる際に、被相続人から本来相続できる財産がもらえないと分かったときには、まず遺留分について考える必要があります。
たとえば被相続人が遺言書で家族以外の人へ相続させると記していたり、家族間でも優先順位が変わってしまったり割合が変わってしまったりすると遺留分の対象になります。
そこで覚えておかなければならないのが遺留分をもらえる割合で、これは一般的な遺産相続とは少し異なります。
続きを読む 遺留分の割合

遺留分と遺言書

遺産相続をするときに被相続人が遺言書を残すことがありますが、このときに家族以外を相続人に指定するケースがあります。
そんなときに持ち上がるのが遺留分についてで、この場合遺留分と遺言書ではどちらのほうが効力が大きいのかがポイントになるでしょう。
続きを読む 遺留分と遺言書

生活から生まれる遺留分

遺産相続について考えるときに必ず覚えておかなければならないのが相続の対象になる人とその割合、そして遺留分についてです。
まず遺産相続の対象になるのは一般的に被相続人の優先順位は配偶者・子供・父母祖父母・兄弟姉妹の順番となっています。
配偶者のみの場合はすべての遺産を相続することになりますし、配偶者と子供の場合はそれぞれ2分の1ずつ、配偶者と父母祖父母の場合は配偶者が3分の2で父母祖父母が3分の1、配偶者と兄弟姉妹の場合は配偶者が4分の3で兄弟姉妹が4分の1になります。
ほかにも組み合わせはいくつかのパターンがありますから、まずはそちらを確認しておきましょう。
続きを読む 生活から生まれる遺留分

遺留分が認められる人

遺留分について考えるときにまず確認しなければならないのが、遺留分が認められる人とそうでない人です。
まず遺留分とは本来遺産相続の対象になるはずだった人が相続できない状態になったときに請求できるもので、たとえば被相続人が生前に遺言書で家族以外の人間にすべての財産を相続させたいと記していた場合に適用されます。
続きを読む 遺留分が認められる人

遺留分の対象

遺産相続は必ずしも家族だけというわけではなく、何らかの事情によって家族以外の人へ相続させたいケースもあると思います。
しかし一般的には被相続人から家族へ遺産相続が行われますし、一番優先されるべき家族ではなく、ほかの人へ相続させたいというのはそれだけであまり良い関係性が築けていないことが分かります。
そこで今回覚えておいてほしいのが「遺留分」というもので、これは本来相続人になるはずだった家族が最低限遺産相続できる分で、被相続人が相続させた相手に遺留分減殺請求をすることができます。
続きを読む 遺留分の対象

遺留分と相続

遺産相続は一般的に被相続人が残した財産を家族へ相続しますが、稀に家族以外へ相続させるケースもあります。
この場合、まず被相続人が遺言書でその旨を残しておく必要があり、そこで有効なものと判断されれば家族以外でも相続人になることができます。
しかし本来相続権のある家族がいるにもかかわらずほかの人へ相続してしまうのはどうなのか、ということで遺産相続の際には遺留分と呼ばれるものがあります。
遺留分とは本来相続人になるはずだった家族が最低限財産を相続できる分であり、遺留分減殺請求を行うことによって請求できます。
続きを読む 遺留分と相続